スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【遊戯王】タンホイザー・シャーク【デッキレシピ】

時間あるうちに更新しときます。

超久々のデッキレシピです。
忙しいと言っているのに遊戯王は身内と対戦したりしてます(;-ω-) =3

この前こんなパックが登場しました。
りおー!

これには魚族を強化してくれるカードが数種類あり、大分魚族を強化してくれることとなりました。
“兄妹”とはいってますが、妹シャークのカードは数えるくらいしかなく、実質シャーク編といってもよい内容となっております。


特に今回の注目カードは3種類の新規カード


《サイレント・アングラー》
効果モンスター・星4・水属性・魚族・攻 800・守1400
自分フィールド上に水属性モンスターが存在する場合、
このカードは手札から特殊召喚できる。
このターン自分は手札からモンスターを特殊召喚できない。

《セイバー・シャーク》
効果モンスター・星4・水属性・魚族・攻1600・守1200
このカードはシンクロ素材にできない。
自分のメインフェイズ時に、フィールド上の魚族モンスター1体を選択し、
以下の効果から1つを選択して発動できる。
この効果は1ターンに2度まで使用できる。
この効果を発動するターン、自分は水属性以外のモンスターを特殊召喚できない。
●選択したモンスターのレベルを1つ上げる。
●選択したモンスターのレベルを1つ下げる。

《ダブルフィン・シャーク》
効果モンスター
星4/水属性/魚族/攻1000/守1200
このカードが召喚に成功した時、
自分の墓地からレベル3またはレベル4の
魚族・水属性モンスター1体を選択して表側守備表示で特殊召喚できる。
この効果で特殊召喚したモンスターの効果は無効化される。
この効果を発動するターン、自分は水属性以外のモンスターを特殊召喚できない。

中でも《ダブルフィン・シャーク》が強力で1枚でエクシーズシンクロができる有望なモンスターです。




今回はその《ダブルフィン・シャーク》に注目してこちらのデッキを紹介します。
シャーク。

今回のデッキレシピは以上です。今後面倒なのでカード名は伏せ、ADS画像にします。


●ダブルフィン・シャークの使い道
まず、このデッキの主力《ダブルフィン・シャーク》はいいとして、このカードと相性のいいカードを紹介します。
それが《タンホイザー・ゲート》です。

《タンホイザー・ゲート》通常魔法
自分フィールド上の攻撃力1000以下で同じ種族のモンスター2体を選択して発動できる。
選択した2体のモンスターは、その2体のレベルを合計したレベルになる。

そう、このデッキは攻撃力が1000以下が非常に多い!
《連鎖除外》には要注意ですが、《タンホイザー・ゲート》の発動条件を軽くクリアできるのです。


つまり《ダブルフィン・シャーク》の使い道として・・・。
①墓地からレベル4水・魚を釣り上げてエクシーズ
②墓地からレベル3水・魚・チューナー釣り上げてレベル7シンクロ
③墓地からレベル3水・魚釣り上げて《タンホイザー・ゲート》でレベル7を2体揃えエクシーズ
④墓地からレベル4水・魚釣り上げて《フィッシュ・ボーク・ランチャー》を蘇生後レベル9シンクロ

という選択肢ができると思います。
②については条件を満たせるチューナーは《フィッシュ・ボーク・アーチャー》しかいませんが強いモンスターなので採用できます。さらにシンクロモンスターは《氷結界の竜 グングニール》1択ですが、レベル7シンクロなので《瀑征竜 タイダル》とさらなるエクシーズへとつなぐことが可能です。

③については手札に《タンホイザー・ゲート》がないといけないもののランク7エクシーズを手札2枚で出せるので強力です。ただ、こちらも制限により《水精鱗 ガイオアビス》しか出せませんが元々の効果が優秀なので採用できると思います。

④については、もうお察しの通り《氷結界の竜 トリシューラ》1択です。
手札消費1枚で簡単に出せますから是非エクストラに投入を。


●セイバーシャークの使い道
このデッキにおける、このカードは多分効果を自身に使うことはほぼないです。
主に使い道をあげるとすれば・・・。

①このカードを召喚(S)後、《シャーク・サッカー》特殊召喚(SS)し、
《シャークサッカー》のレベルを1つあげる。
②このカードをS、墓地から《フィッシュ・ボーク・プランター》の効果でSS成功後レベルを2つあげる。

主にこの2つです。
このカードの弱いところは《サルベージ》に対応していない点や「シンクロ素材にできない」という制約があるため、無理にたくさん投入すると事故る可能性があります。

●その他のモンスターや補足
《瀑征竜 タイダル》を入れているので必然的にこのカードに頼る場面が出てきます。
除外してSSは、《サルベージ》と相性が悪いので《異次元からの埋葬》をピンで挿すのもいいかもしれません。

《タンホイザー・ゲート》は事故につながりやすいカードですが、墓地に《フィッシュ・ボーク・ランチャー》が眠り、手札にこのカードとレベル3モンスターがいるとき2枚消費でランク4モンスターが出せるデッキになっています。このため《ランチャー》は1ターン1度復活できるモンスターとなっています。

●弱点
ずばり!《連鎖除外》や墓地への介入を止めるカードに弱いです。
マッチ戦だとサイドにそれ関連のカードを入れられるため《サイクロン》等破壊カードを増やすが得策です。



こんなデッキですが、なにかございましたらお知らせください。
あと《No.101 S・H・Ark Knight》が来ればこのデッキもかなり強いので是非作ってみてください!
それではみなさままたいらしてくださいね =゚▽゚)ノ ヤァ♪
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

とても面白い構築ですね!!

参考にさせてもらいます!!

イスクンさんコメントありがとうございます!

> とても面白い構築ですね!!
>
> 参考にさせてもらいます!!

そうですか!うれしいです。なるべくデッキレシピを使った記事も増やしたいと思いますので、いつかまた訪れてくださいね。それでは☆ヽ(▽⌒*)
いらっしゃいませ!
ドラえもんと空へ

ドラえもん、遊戯王、東方、Fate等のアニメ好き!そんな大学生だよ♪

数学が出来るから理系だと思ったら大間違い!文系科目の方が好きなのさ!

一人でいることが好きであり、寂しいと思う時もあり。つまり誰か遊戯王相手になってくれ!
昔はかわいいと言われるのが嫌だったのに今は好き。何故だろうね。
ブログよろしくお願いします☆

最新の更新♪
最近のコメント
カテゴリ
私の月の頑張り度
ドラえもんとその仲間達
twitter
ZEXAL
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。